土佐打刃物 菜切り包丁 18センチ

【高知で見つけた、一生モノの和包丁】

高知県の土佐打刃物は400年の歴史があります。

もともと森林面積が多く、山仕事が多い土地。木を伐り出すのにはよい刃物が必要だったため、この地域で刃物の技術が受け継がれてきました。

土佐包丁といえば、地元の人も長く愛用するもの。

この菜切り包丁も、地元の方におすすめいただきました。
とても使いやすくよく切れます。

柄は右側に山がついていますが、うまく手を握った形にひっかかり、力が入りやすいように工夫されています。

焼入れによって黒くなった表面をそのまま残した黒打ち仕上げ。渋い!
全体を磨いたものより錆びにくいのも特徴です。

でこぼこと鍛錬したのがわかるような表情も趣があります。

鋼の包丁はなんといっても切れ味が抜群。
切れにくくなったら研ぐことで一生ものに。

刃渡り 18センチ
刃の部分 16センチ
柄 木製
黒打ち仕上げ

¥ 6,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ヤマト宅急便

    ヤマトが提供する定番の配送方法です。荷物追跡に対応しています。

    全国一律 500円
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。